【Bizlearn徹底レビュー】科目A免除が気になる初心者にオススメ!基本情報技術者講座

記事内にプロモーションを含む場合があります。
BizLearn基本情報技術者試験対策eラーニングのレビュー

お金を払うなら、メリット・デメリットを把握して選びたい通信講座。

通信講座の中でも専任チュータという、聞きなれない特徴を持つBizLearnの価格や特徴は?評判や口コミは良いの?と検索された方もいらっしゃると思います。

アオ

BizLearn以外の2社との比較もしますよ

結論からいえば、BizLearn基本情報技術者試験対策eラーニングは、専任の指導者に何度も質問したい人、科目A免除を獲得したい人に向いています。

筆者のプロフィール
  • IT系の専門学校を残念な成績で卒業
  • 社会人10年目に独学で基本情報技術者試験に合格
  • 2023年に基本情報技術者の通信講座を受講
  • 社内用システムの主任SEを兼務
  • 資格取得の5年後には年収450⇒700万円にUP
アオです。
@Blueblog256

4月16日まで10%オフ(47,300⇒42,570円)

受講から7日以内(進行度33%以下)なら解約可能

目次

BizLearnと競合2社の比較

BizLearnとスタディング、資格の大原の比較してみました。

通信講座3社を比較

スクロールできます
スタディング
スタディング
BizLearn
BizLearn
資格の大原
大原
受講料36,80047,30067,900
動画の数772230
講義の質
良い

良い

非常に良い
視聴形式ストリーミング
ダウンロード
ストリーミングストリーミング
ダウンロード
テキストオンライン
※印刷可能
オンライン紙媒体あり
AIサポート
システム
学習サポート
システム

講師が代行
仲間と交流
独自のSNS
個別質問
科目A免除
80,800円コース限定
合格祝い
Amazonギフト5,000円
3社のサービスを比較

おすすめ通信講座ランキングは下記で紹介しています。

通信講座別おすすめタイプ

比較表から各社の特徴を抜き出したのがこちらです。

アオ

通信講座に求めるものを主にして、選んでね

通信講座の簡易比較
こんな人におすすめ
  • 費用と講義の質のバランスが良い、忙しくてコスパ重視の人
    公式
  • ちょっと高くても、先生に質問したい、科目A免除がいい人
    公式
  • 高額でもハイクオリティーな授業を受けたい人
    公式

4月16日まで10%オフ(47,300⇒42,570円)

受講から7日以内(進行度33%以下)なら解約可能

BizLearn基本情報技術者試験講座の概要

BizLearn基本情報技術者試験対策eラーニング
総合評価
( 4 )
メリット
  • 科目Aの免除制度が利用できる
  • 担任チュータに何度でも質問できる
  • 合格ナビが導いてくれる
  • 本番さながらの模試を何度も受けられる
デメリット
  • 科目A免除修了試験会場は東京・名古屋・大阪のみ
  • 紙面のテキストなし
  • 動画は人を選ぶ可能性あり

BizLearnを運営するのは、eラーニング大手の株式会社ネットラーニング。

2023年にはグループ全体で、のべ学習者9,000万人を突破している実績があります。

アオ

9,000万人ってすごすぎ…

基本情報技術者試験講座に限定すると、実績は以下です。

  • 講座の満足度90%以上
  • 科目A免除試験の合格率93%以上
  • 累計受講者5,000名以上

BizLearn基本情報技術者試験対策eラーニングのメリット、デメリットについて詳しく説明します。

BizLearn基本情報技術者試験講座のデメリット

デメリット
デメリット
  • 科目A免除修了試験会場は東京・名古屋・大阪のみ
  • 紙面のテキストなし
  • 動画は人を選ぶ可能性あり

科目A免除修了試験会場は東京・名古屋・大阪のみ

科目A免除修了試験の会場は、東京都内・名古屋市内・大阪市内に限定されます。

試験会場まで1時間程度でアクセス可能であれば、デメリットになりませんが、北陸、東北、四国、九州にお住いの方は科目A免除修了試験を受けるだけで一苦労です。

アオ

遠方の方は前泊するしかなさそう

紙面のテキストなし

テキストはオンラインのみで、紙のテキストはありません。

動画を視聴していて、重要な用語は辞書のように確認できる用語解説機能や、学習ペースの確認などに使用できる累計ページビュー数機能があるので、手元にテキストが無くても学習できるよう工夫されています。

不安なら市販の参考書を買ってしまえば問題ありません。

アオ

栢木先生の参考書がおすすめだよ

動画は人を選ぶ可能性あり

講義の動画が自分にはあわないと感じる人もいるようでが、どの通信講座でも「あう・あわない」はありますので、サンプル動画を見て決めましょう。

公式

ちょっと分かりにくいかな?と感じても、メリットの項目でお伝えする担任チュータに質問し放題なので、そこまで心配しなくても大丈夫です。

アオ

分かりにくいところは、何でもチュータに質問しちゃえばいいよ

BizLearn基本情報技術者試験講座のメリット

メリット
メリット
  • 科目Aの免除制度が利用できる
  • 担任チュータに何度でも質問できる
  • 合格ナビが導いてくれる
  • 本番さながらの模試を何度も受けられる

科目Aの免除制度が利用できる

BizLearnの基本情報技術者試験講座では、科目A(旧午前試験)の免除試験を受けることができます。

通常、基本情報技術者試験は科目Aと科目Bの両方を1度にクリアしなければ合格できませんが、科目Aが免除されれば本試験は科目Bだけ(期限は12か月間)になります。

なお、科目A免除修了試験は、IPAが認定した講座にしか許可されません。

アオ

BizLearnの講座のクオリティは、IPAが保証しているってことだね

BizLearnの科目A免除修了試験の合格率は93%以上です。

iTECHの基本情報技術者コースの科目A免除試験の合格率が85.9%なので、BizLearn受講者の合格率は高いといえます。

IPAとは独立行政法人情報処理推進機構の略称で、基本情報技術者試験の主催者です。

基本情報技術者試験の難易度を詳しく解説しています。▼

担任チュータに何度でも質問できる

スタディングのように安価な通信講座では、講師に質問できないことがあります。

しかし、BizLearnには担任チュータ制度というものがあり、受講者一人ひとりに担任がついて個別指導してくれます。

わからないことをチュータに質問すれば、24時間以内に回答してもらえるので安心です。

アオ

学校でよく先生に質問していた方はBizLearnが合ってるね

チューターとは英語で書くと「Tutor」で、家庭教師や個別指導員のことです。チューターを語源として担任チュータという名前が付けられています。

合格ナビが導いてくれる

BizLearnには合格ナビという受講者をサポートしてくれる機能があります。

「いつ何を学べばよいかわからない!」といった不安を解消し、計画的に学習するための機能で、具体的には以下をサポートしてくれます。

合格ナビのサポート内容
  • いつ何を学べばよいか判断し、最適な学習計画を提示
  • 実力確認テストの結果をもとに、苦手な分野を集中学習
  • 問題を解くテクニックが学べる
  • 頻出問題テストで、試験直前の対策が効果的に行える
アオ

合格ナビなしのコースもあるけど、絶対あったほうがいいよ

本番さながらの模試を何度も受けられる

講座内の模擬テストは実際と同じ問題数・受験時間で実施され、無制限に受けられます。

また、毎回問題が変わることや、結果はすぐに採点され、解答、解説、弱点分析、合否判定の画面が表示される点は評価が高いポイント。

アオ

市販の問題集は買う必要ないね

4月16日まで10%オフ(47,300⇒42,570円)

受講から7日以内(進行度33%以下)なら解約可能

BizLearn基本情報技術者試験講座の口コミ

クチコミ

良い口コミ

良い口コミのまとめ
  • チュータが丁寧に素早く回答してくれる
  • 合格への道筋がわかりやすい
  • 科目A免除制度のおかげで、科目B(旧午後)試験に専念できた

チュータ対応が素晴らしかった。

毎日即レスポンスをいただき、回答の補足も事例を交えて解説していただき、大変わかりやすかった。始めたばかりの時に学習方法や考え方を質問したら、丁寧に納得するアドバイスをいただいた。それをもとに約3週間弱でこのレッスンを終了することができたので、とてもよかった。

40代 製造業

チュータの対応がとてもよく、些細なことでも質問すると、しっかりと解説付きで説明してくれた。

このようなサービスを今後も活用していき、自身のキャリアに活かしていきたい

20代 会社員

独学では、どういった計画で学習を進めてよいかわからなかったため、このコースが自分の合格への道筋にとてもよかった。

基本情報技術者試験合格に向けた勉強法があまりわからない人には、とてもおすすめ。

20代 会社員

午後試験で1度不合格になったとき「午前(現科目A)免除制度」に感謝しました!
実は午後試験では1度不合格になってしまったんです。しかし、午前免除制度は1年間有効なので、次の試験でも午前免除制度を活用し午後試験のみに臨みました!午前問題は午後問題と違い出題範囲が広いので、もし午前免除制度を使用していなかったら1から午前問題に向け学習をしなければならず、きっとすごく大変だったと思います。

次の試験まで午後試験の勉強に専念できたことで、無事2回目で基本情報技術者試験に合格をすることができました。

20代 大学生

悪い口コミ

悪い口コミのまとめ
  • 科目A免除試験場所が先着で埋まってしまう
  • 模試と練習問題はいいけど、講義が合わなかった

BizLearn基本情報技術者試験講座には2つのコースがある

BizLearnの基本情報技術者講座を選ぶ際は、下記のいずれかになると思いますが、11,000円高くても合格ナビ付きコースをオススメします。

アオ

合格ナビなしは、カーナビが無い車で遠出するようなもの

スクロールできます
合格ナビ付き
総合対策コース
総合対策コース
費用47,30036,300
学習時間135時間125時間
学習目標実力養成レッスン
科目A試験対策
科目B試験対策
実力養成レッスン
科目A試験対策
科目B試験対策
チュータありあり
合格ナビありなし

BizLearn基本情報技術者試験講座を安く受講する方法

bizlearn割引き

BizLearnは、定期的に受講料がオフになるキャンペーンを開催しています。

時期によって10~30%の幅があるので、割引率が高いときに申し込みましょう。

4月16日まで10%オフ(47,300⇒42,570円)

受講から7日以内(進行度33%以下)なら解約可能

BizLearn通信講座と独学の費用を比較

比べてみよう

基本情報技術者に1発合格できたと仮定し、BizLearnと独学の学費を比較してみました。

BizLearnは受講料30%引きとして計算しています。

BizLearn合格ナビ付き独学
受講料47,3000
受講料割引(30%)-14,190円0
科目A参考書
キタミ式
02,310
科目B参考書
うかる! 基本情報技術者
01,980
予想問題集01,452
必要な費用33,1105,742

独学するにしても、参考書は必要なので差額は約27,000円という結果。

アオ

受講料20~30%を狙えば、思ったより安い印象

資格を取れば会社によっては資格手当がもらえたり、転職が有利になって年収がアップが期待できますから、27,000円程度ならすぐ回収できそうです。

参考:独学で基本情報技術者に挑戦する場合のおすすめ参考書

よくある質問

よくある質問

科目A(午前)免除試験に合格したらどうなりますか?

本試験で科目Aが免除され、科目Bだけになります。

科目Aが免除される期間は、修了試験に合格してから12か月間です。

2023年4月から基本情報技術者試験は毎月受験できるので、最大で12回免除の恩恵をうけることができます。

科目A免除修了試験に落ちてしまったらどうなりますか?

1度落ちてしまっても、翌月受験できます。

ただし、修了試験は2回までしか受けられませんので注意が必要です。

入会後にキャンセルできますか?

受講開始日より、7日以内かつコース受講が全体の1/3以上進んでいない場合、キャンセル規定を適用し、料金の全額返金を受けられます。

まとめ:BizLearn基本情報技術者試験講座

BizLearn基本情報技術者試験対策eラーニングは、科目A免除を受けたい方、専任の指導員に質問したい方に最適な通信講座です。

また、割引キャンペーン中であれば、スタディングに近い35,000円前後で受講することが可能です。

メリット
デメリット
  • 科目Aの免除制度が利用できる
  • 担任チュータに何度でも質問できる
  • 合格ナビが導いてくれる
  • 本番さながらの模試を何度も受けられる
  • 科目A免除修了試験会場は東京・名古屋・大阪のみ
  • 紙面のテキストなし
  • 動画は人を選ぶ可能性あり

私は基本情報技術者資格を取得してから、社内基幹システムの設計に抜擢され、給与アップの転機になりました。

皆さんも資格を取ってキャリアップや資格手当ゲット、転職で年収アップを狙ってください

アオ

年収がアップすると、家族を喜ばせる選択肢が増えますよ

家族の笑顔

4月16日まで10%オフ(47,300⇒42,570円)

受講から7日以内(進行度33%以下)なら解約可能

BizLearn基本情報技術者試験対策eラーニングのレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次