基本情報技術者試験の難易度は?合格率や偏差値をくわしく解説

記事内にプロモーションを含む場合があります。
基本情報技術者試験の難易度

IT業界への就職・転職を目指す方や、ITスキルを身につけたい方にとって、基本情報技術者は必須の資格。

しかし、基本情報技術者試験は、ITに関する基礎的な知識やスキルを問う試験であり、難易度が高いと感じる人もいます。

資格取得の計画を立てる前に、努力すれば取れそうな資格かどうか、リサーチしておきたいですよね。

アオ

少しがんばれば、手が届く目標がいいよね。

結論からいえば、そこまで難しい試験ではありません

この記事でわかること
  • 基本情報技術者試験の具体的な合格率や偏差値
  • タイプ別に必要な勉強時間
  • 効率のよい勉強方法

実際に勉強を始めてみたけど「難しすぎる!」と感じている方は、こちらの記事を参考にしてください。

目次

基本情報技術者試験の難易度

基本情報技術者とは?

経済産業省が管轄する国家資格で、誰でも受験することができるITパスポートの上位の資格。

ITを活用したサービス、製品、システム及びソフトウェアを作る人材に必要な基本的知識・技能をもち、実践的な活用能力を身に付けた者

独立行政法人 情報処理推進機構 (IPA)

基本情報技術者試験は、デジタル人材の登竜門と呼ばれたりしますが、簡単に言えば、IT業界で働きたい人が取る資格です。

詳しくは基本情報技術者ってどんな資格?で解説しています。

試験の難易度は3つで決まる

基本情報技術者試験の難易度は、以下の3つで決定します。

  • 直近の合格率
  • 試験の偏差値
  • 受験者の基礎知識や経験

合格率や偏差値は決まった値ですが、勉強時間は受験者の基礎知識や経験によって変化します。

この3つについて下記で詳しく解説します。

基本情報技術者試験の合格率

直近の合格率は50%以上

2023年4月から試験内容が変わり、合格率が50%を超えるようになりました。

また、試験も年2回だったものが、毎月受けられるようになっています。

基本情報技術者試験の合格率
令和3年春期
42%
令和3年秋期
40%
令和4年春期
40%
令和4年秋期
36%
2023年4月
56%
2023年5月
55%
2023年6月
53%
アオ

難易度が下がっているので、チャンスだね

試験内容が変わって簡単になった

2023年の4月から変更になった点をまとめました。

スクロールできます
変更前
~2022年
変更後
2023年~
試験日程年2回毎月
合格基準科目A、科目Bともに60%以上正解
科目A
(旧午前試験)
問題数80問60問
出題範囲テクノロジ、マネジメント、ストラテジ
科目B
(旧午後試験)
問題数5問(11問から選択)20問
出題範囲選択式
C言語、Java、Python、アセンブラ言語、表計算
全員共通
アルゴリズムとプログラミング、情報セキュリティ

多くの人がつまづく科目B(旧:午後試験)が選択式から共通問題に変わり、かつ20問になったことで、

解きやすく、多少間違えても基準点(600点)に届くようになり、合格率アップ中。

アオ

2022年まで科目Bの1問の重みがすごかったよ

基本情報技術者試験の偏差値

ずばり偏差値は49

基本情報技術者と、有名な資格の偏差値を比較しました。

資格ごとの偏差値
中小企業診断士
67
日商簿記2級
58
宅建(宅地建物取引士)
57
基本情報技術者
49
FP2級
48
ITパスポート
45
日商簿記3級
45

参考:資格の取り方

偏差値は49~50なので、そこまで難しくはありませんが、多くのIT用語を覚える必要があるので、人によっては難しいと感じるかもしれません。

試験の難易度を大学に例えると

イメージがつきやすいように、偏差値50の大学を調べてみました。

偏差値50の主な大学
  • 群馬大学 理工学部
  • 茨城大学 工学部
  • 玉川大学 工学部
  • 帝京大学 理工学部
  • 兵庫県立大学 工学部
  • 滋賀県立大学 工学部

難関ではありませんが、しっかり勉強しない合格できないイメージはつかんでいただけると思います。

ITパスポートとの違い

基本情報技術者試験はITパスポート試験よりも難易度が高く、より幅広いIT知識とスキルを問う試験です。

いずれも情報処理技術者試験に属する国家資格ですが、試験範囲に違いがあります。

スクロールできます
ITパスポート基本情報技術者
科目A
(旧午前試験)
問題数100問60問
出題範囲テクノロジ、マネジメント、ストラテジ
科目B
(旧午後試験)
問題数なし20問
出題範囲アルゴリズムとプログラミング、情報セキュリティ

基本情報技術者試験とITパスポート試験は、いずれもIT業界で活躍するための基礎的な知識やスキルを身につけるのに役立つ資格です。

しかし、ITパスポートは企業からあまり評価されない傾向にあるため、基本情報技術者を目指した方がよいでしょう。

基本情報技術者試験に必要な勉強時間

個々のスキルに応じた勉強時間

初心者が基本情報技術者試験に合格するには、150~200時間の勉強が必要と言われています。

しかし、個人のスキルによってその時間は変わってきます。

例えば、以下のような方は、50~100時間で十分合格が狙えます。

  • ITパスポートを持っている、またはIT分野が得意で基礎的な知識がある
  • 仕事で簡単なプログラムを書くことがある(科目B得意かも)

スキルに応じた勉強時間の目安

スクロールできます
プログラム得意プログラム苦手
ITパスポートあり
または、IT分野が得意
50時間
独学でもOK
100時間
通信講座がおすすめ
ITパスポートなし
または、IT未経験
100時間
通信講座がおすすめ
150~200時間
通信講座がおすすめ

科目Bのサンプル問題

わりと簡単なサンプル問題ですが、科目Bが得意・抵抗がないか確認してください。

ある施設の入場料は、0歳から3歳までは100円、4歳から9歳までは300円、10歳以上は500円である。
関数feeは、年齢を表す0以上の整数を引数として受け取り、入場料を返す。

[プログラム]
整数型: fee(整数型: age)
整数型: ret

if (age が 3 以下)
  ret ← 100

elseif ( [  a  ] )
  ret ← 300

else
  ret ← 500

endif
return ret

[ a ]に入る正しい式を選択してください。

  • (age が 4 以上) and (age が 9 より小さい)
  • (age が 4 と等しい) or (age が 9 と等しい)
  • (age が 4 より大きい) and (age が 9 以下)
  • age が 4 以上
  • age が 4 より大きい
  • age が 9 以下
  • age が 9 より小さい

出典:基本情報技術者試験 科目B試験サンプル問題

アオ

答えは⑥の「age が 9 以下」だよ

基本情報技術者試験に効率的な勉強法

基本情報技術者試験は、ITに関する幅広い知識やスキルを問う試験。
よほどITの知識・スキルに自信がない限り、試験の最短攻略は通信講座がベターです。

参考記事

通信講座を使うメリット
  • わかりやすく効率的な動画を視聴することができる
  • 過去問を徹底的に分析したカリキュラムで、合格に必要な知識とスキルを効率的に身につけることができる
  • 自分のペースで勉強を進めることができる
  • 質問や相談、またはAIなどサポート体制が整っている

独学で合格を目指すには、ITに関する幅広い知識やスキルを身につける必要があります。

しかし、ITに関する専門的な知識やスキルを身につけることは、独学では難しいのが現状です。

倍速対応もしており、4カ月という短期間で結果を出すことができました。

独学でのITパスポート合格後に次のステップとして基本情報技術者試験に挑戦しましたが、市販のテキストでは理解がなかなか進まず、講座の受講を決めました。

スタディング2022年合格者

独学では、どういった計画で学習を進めてよいかわからなかったため、このコースが自分の合格への道筋にとてもよかった。

基本情報技術者試験合格に向けた勉強法があまりわからない人には、とてもおすすめ。

BizLearn 20代会社員

基本情報技術者試験は、IT業界で活躍するための第一歩となる重要な資格です。

通信講座を利用することで、ITに関する幅広い知識やスキルを効率的に身につけることができ、合格の可能性を高めることができます。

よくある質問

基本情報技術者は就職・転職に有利ですか?

はい、履歴書にも記載できる国家資格なので有利です。
しかし、一部の外資系企業では日本の国家資格はあまり重要視されません。

IT業界で働くと、95%の確立で「基本情報技術者」を取ってくださいと言われるので、最初から持っていることはアドバンテージになります。

基本情報技術者は取っても無駄ってホント?

いいえ、無駄ではありません。

これからはAI時代ですから、ITの基礎知識は役に立ちます。

基本情報技術者が意味ないと言われる理由を解説しています。

基本情報技術者の平均年収はどれぐらい?

平均490万円です(2023年7月末時点)。

基本情報技術者の平均年収
出典:求人ボックス

独学にオススメの参考書はありますか?

もし私がITの知識ゼロで独学するなら、以下の2冊を購入して勉強します。

その他にも厳選した参考書を紹介しています。

まとめ:基本情報技術者試験の難易度

基本情報技術者は、IT業界に就職・転職するなら必須の資格。

  • 2023年から難易度が下がり、合格率は50%以上
  • 偏差値は49~50程度だけど、出題範囲が広いので難しく感じる人も多い
  • 初心者の勉強時間はおよそ150時間、ITの知識があるなら最短で50時間
  • 効率よく勉強するなら、通信講座がオススメ

資格を取って年収アップ!を目指すなら、今日からチャレンジしましょう。

基本情報技術者試験の勉強方法は、下記の記事をどうぞ

基本情報技術者試験の難易度

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次